フリーダム

バンダイ 1/100 MG フリーダムガンダム使用

制作・文 : J.J.

☆ 今回のお題はSSED&DESTINY。最終話に向けて盛り上がる旬ネタです!その中でも
   やっぱりフリーダム!DESTINYになっても主役機以上の扱いですから。歴代のガンダム
   の中でも一番のお気に入りです。さすがに人気の機体なんで、スケールや種類も豊富で
   すが、ここは迷わずMGをセレクト。またあまりいじるところはなさそうですが・・・。



■ キットのチェック

  前回のリックディアス同様、仮組みはパス。ヤル気がないんぢゃありませんよ。ネットモデラー
  の利点を活かして、いろんなガンプラサイトを見てみると、素組みのフリーダムはたくさんあり
  ますし、どこがいい、悪いの評価も得られて一石二鳥!早速サイトを検索してみました。

  え〜どれどれ・・・顔がかっこ悪い、胴が長い、バランスが悪い、etc・・・。いろいろあるようです
  が、ぼくの印象では、1/100や1/60と比べるとスラッとしてバランスはいい感じに見えます。胴
  も長いかなぁ?顔も特に変なところもないし。定番のアンテナのシャープ化と、エッジが立って
  見えるように削るか塗るかでだいぶ雰囲気が変わりそうです。それにしてもみなさんとても上
  手に作ってますね〜、なんて、そんなところにミョーに感心しつつ、ヤル気充分です!

  で、どこをいじるのかって?  スミマセンっ!今回も素組みでいかせていただきます。その代
  わり塗装は凝らせますのでっ!



■  製作開始!

  まず、最小単位の部品は接着してしまいます。MGシリーズだと、後になってもバラす必要がな
  い部分のことですね。 

   そして、素組みと言っても、100%じゃあまりにもなんで、簡単な後ハメ加工はしときます。
   下の写真のパーツは腰のレールガンの接続パーツです。下のように加工すると後ハメができ
   ます。同様に、バラエーナ(羽についてる銃)の白、赤、黒の部分も後ハメが簡単です。
   それと、ビームライフルの銃口にはスリットを入れておきます。

■  フレームの制作

  パーツ多っ!
  どこにこんなに使うんだろ?と思うほどパーツが多い。特にフレームのパーツ(グレーのヤツ)
  はかなりの量です。

  完成後にフレームがちょっとでも見える部分は全部ゲート処理をして塗装しないといけません。
  また、フレームといえども、合わせ目が見えるところにくる場合は合わせ目消しもします。(銃
  と股のパーツ)

  完成写真を見てみると、ちょっとちょっとですが、やはり見えますよね、関節。1個1個見えるか
  どうかチェックするのが面倒なんで、全部塗装しちゃいました。

写真は合わせ目処理まで終わったパーツと一緒にサフ吹きまでやったところ。これから「フレーム
の色」に塗装しますが、実際はこの倍以上の数がありますから、結構な作業量になります。面倒な
作業なんですが、やるのとやらないのとでは仕上がりに格段の差が出ます。

■  パーツの下ごしらえ

 フレームが終わったら、表面パーツのゲート跡、ヒケの処理をします。このキットに限った事ではあ
 りませんが、本来消さなければならない合わせ目にスジ彫りがしてあって、合わせ目消しをしなく
 てもいいようになってるパーツあります。これはホントに助かります。しか〜し!せっかく気の利い
 た細工をほどこしてあるパーツにかぎって、そのスジ彫りのキワにゲートが付いています。パーツ
 の縁が微妙に段になっているパーツなんかは、その段のド真ん中にゲートが・・・。気軽にパチパ
 チやってるととんでもない事になりますから、ゲートカットは慎重にしないといけません。ゲート跡の
 処理も同様で、スジ彫りや段を壊さないように、もし壊してしまったら再生させないといけませんか
 ら、かなり神経を使いました。

 もちろん定番のアンテナ削りも初挑戦。(初かい!)
 難しいとか面倒だとか聞いてましたけど、ホントに難しいですね。気をつけるのは中央のラインを
 常に気にしながらやるとうまくいきます。 

棒ヤスリを使って大まかにガリガリ削って
みました。
元のカタチではアンテナの先端は多角形
になってたんで、それを残しながらシャープ
になるように削ったんですが・・・。

説明書のイラストを見ると、先は針みたいに
尖ってますし、あるお方(かなりの上級者)か
ら「もっと尖らせたほうがいいよ」と、アドバイ
スをいただき、さらに削っていきます。

うっかり力を入れると、中央のラインが曲がりますから注意です。また、ペーパーをあてるとエッジ
がダルくなるんで、棒ヤスリで削った後はデザインナイフで仕上げてみました。黄色い方も同様で
す。なんかモールドが入ってましたが消しちゃいました。

■  塗装

 下ごしらえを終わらせて(長かった・・・)サフを吹きます。
 グレーとブルー系のパーツには通常のサフを、白、赤、黄のパーツにはホワイトサフを吹きまし
 た。ホワイトサフは今回初めて使いましたが、なかなかの隠蔽力で良好です。白いパーツに吹
 くとわかりにくいんですが。

 今回の塗装でのポイントと試みは、


 @ グラデーションをかけすぎない

  前回のリックディアスで初めてグラデーション塗装にチャレンジしたんですが、調子に乗ってや
  り過ぎたんで、今回は多少控えたカンジにしようと思います。あんまりやると古臭くなっちゃい
  ますから。ただ、羽類など背中にかなりいろいろくっついてるんで、これらは多少キツメにして
  全体の見え方に奥行きが出るようにします。
  
 A 全体のトーンを暗くせずに、なおかつオモチャっぽくならないカラーリング

  これも前回の反省。兵器っぽくしようとしすぎて全体的に暗めの色調にしました。それはそれで
  なかなかよかったんですが、原作の色調とはかけ離れた感じでした。今回はもう少し明るくして
  設定に近づけるようにします。

 B SGK(リックディアス製作記事参照)を進化させる

  前回唯一の収穫だったSGK。その効果は見てのとおり、薄い塗膜でキレイにグラデーションが
  かかり、なおかつ発色もいい。今回はこのSGKを進化させて、より自然で鮮やかな色を表現す
  る。

 以上3点です。



■  ベースグレー

 SGKのために今回はベースグレーを3色調合しました。ベースグレーTは通常のヤツで、グレー
 、ブルー系の下地と、銃やフレーム部の塗装に使用します。ベースグレーUは茶系の下地を作り
 ます(じゃあベースブラウンじゃん)これは、赤や黄などの暖色系の下地。ベースグレーVはTよ
 り少し明るめのグレーで、白い部分の下地として使用します。

 

上は青いパーツにグレーのサフを吹き、ベースグレーTを吹いたところ。

で、次は赤いパーツに白いサフを吹き、ベースグレーUを吹いたところ。

そして白い部分。白のパーツに白いサフを吹き、ベースグレーVをふきます。

こんな感じで全てのパーツにベースグレーを乗せました。同色のパーツをためて一気にやるのが
コツです。

このベースグレーを吹くときについでに裏が見えるパーツの裏(上の腰アーマーの裏など)も一緒
に塗っておくと効率がいいですよ!

■  色を乗せる


 ベースグレーを吹き終えたら、色を乗せていきます。

 白はホワイト100%、赤い部分はスーパーイタリアンレッド100%、胸部など黒っぽい部分は、
 パープルとブラック6:4くらいで混ぜて、シルバーを少々。青い部分は、コバルトブルーに、イ
 ンディブルーとブルーを足したものにメタリックブラックをさらにプラス。なんとんくフィーリングで
 作りました(こればっか)が、オリジナルです。

 これらのカラーを吹いていくんですが、前途のように、グラデーションがきつくならないように注
 意しながら吹きます。SGKを施したパーツは、このエッジ部分の見え方の調整も簡単。面倒な
 作業の見返りはかなりのものです。



■  顔とマスキング地獄


 羽の黒い部分と青い部分の境目、ここは塗装後にマスキングして、焼鉄色を吹きましたが、この
 部分のマスキングがかなり大変。オマケに同じ作業を4回もやらないといけません。

 それと、このキットで難しいのは「顔」です。後ハメにしないでやりました。
 まず、目の部分は、付属のシールを目の大きさジャストに切り抜いて貼り付けます。これをマス
 キングテープ代わりにして、グレーを吹き、裏側は白を塗ります。乾燥後にシールを剥がしてクリ
 アーイエローを乗せてあります。

そして、このアタマは、パーツが前後で分割されているんですが、ちょんまげと耳はそのままで
ちょんまげと耳の間は合わせ目消しをしないとなりません。
作ってから塗れるか心配だったんで、最初に前のパーツのひさしと頬の内側とキワを塗ってか
ら接着し、顔(目、鼻、口、アゴ)をマスキング。その後で合わせ目を消して塗装しました。
こうやって文にすると簡単ですが、やるとかなり面倒な作業です。

■  仕上げ


 塗装が完了したら、デカールを貼るんですが、キットに付いてるデカール、なんかサイズがイマ
 イチじゃないですか?複数のパーツにまたがって貼るヤツとか、斜めにしないと貼れないヤツ
 とか・・・。今回はデカールはパスして、ちょっとだけ光沢をおさえた(半光沢よりはツヤがある)
 トップコートを吹きます。

 スミ入れは、白の部分にはダークグレー、他の部分は黒で入れてあります。

■  完成!


 すべての工程を終えてふと振り返ると3ヶ月もかかってしまいました。かかりすぎですね・・・。
 
 仕事がかなり忙しかったのもありますが、8月後半から9月前半まで、夜になると雨、の日が
 多くてなかなか塗装ができなったんです(言い訳)

 しかし組みあがったキットをよく見ると、やっぱりフリーダムってかっこいいですねぇ。
 MGはこれで2作目ですが、完璧な設定がわからないんだったら、下手にキットに手を入れず
 に、きれいに塗ってきれいに仕上げる事に徹することが近道かな、と思いました。

 背中の羽が重すぎて自立しないのは愛嬌ですね(笑)


 さて、次はオラタコに向けてまたAT作ります!どんな「オラ」にしようかな・・・。
 ではまたっ!!!