STRIKE GUNDAM

1/60 バンダイ
製作・文 レオン




前々から気にはなっていたのですが、なかなか手を出しにくかったキット、

1/60PGストライクです。なんたって高いっす。でもちょうどコンペテーマが

SEEDになったし、スカイグラスパーがエールストライカー付きで出ちゃった日には
「え〜い、やってしまえ!!」となったわけです。定価だと両方で20K近く・・・・

「失敗しないように」ただただそれだけを考えつつ製作開始。

■ とりあえず仮組み

あんれまー、なかなかかっこいいでないの?

となりの1/35スコタコと比べるとめっちゃでかい。

 

ここまでパーツが多いとどこをいじったもんかわからん。とりあえずストレートでやってまえ。






■ 製作

 ・・・といってもほんとにストレートなので説明書通りちまちまと。

ただパーツがやけに多いのでゲート処理が大変。テレビを見ながらこれまたちまちまと。

 やはりパーツがでかいのでヒケはかなり大きくたくさんありんす。

でもめんどいからそのまんま・・・(けっこうめんどくさがり)

だってちゃんとやってたらぼくのペースだと半年ぐらいかかりそうなんだもん。

    ガイコツガンダムでし。

  夜中にあるきそうでし。

「こわ〜い!」

    首がないのはあいきょうでし。

 これ、ぜんぶばらして色なんかぬったらどうなるんだろう?

      「やっぱりこわ〜い!!」

■ 塗装

 これだけ大きいと、全面均一に色をのせるのはなかなか難しそうなので、やっぱりグラデーションつけてぬれるMAX塗りかな。
 SEEDのMSってPS装甲じゃないですか。自分的にはこれをなんとか表現できないかと考えてみました。パールなんかを使ったらどうかなー。でもいきなりやって失敗では涙がちょちょぎれ。そこでカラーテストにつくってみたのがHGのフリーダムです。(ギャラリーを見てね)


フリーダムは サフ → ベースグレーMAX(これ結構便利ね)を全体に

  白部分はその上にガンダムホワイトでグラデーション

  その他の色もとりあえずガンダムホワイトでグラデをかけ  た上から軽く吹きました。

   この方法だとブルーやレッドが結構明るく出ます。

 

    塗装が終わったらエナメル黒でスミ入れをしてブルーパー ルを全体に吹いてあります。やはり予想していたとおり、白 をベースにするとパールは思うように発色してくれません。 光の反射でちょっとわかるかな?ぐらいです。

  本来パールは黒などの下地に塗るとよく発色してくれますが、これだとメタリックっ ぽくなってしまい、PS装甲とはちょっと雰囲気がちがいそうなのでPS装甲の表現は やめることにしました。 

 さて本題のストライクですが、前述の通り白でグラデをかけてその上に色を吹く方法では色が明るすぎて、この巨大なキットでそれをやってしまうとおもちゃっぽくなりそうなので、ベースグレーから直接立ち上げることにしました。
 カラーレシピ

  基本的にめんどくさがりなので、調合は一切せず、市販品をそのまま使います。

    白:ガンダムカラーホワイト(5)→スーパーホワイトでハイライト

青:ガンダムカラーブルー(11)

赤:ガンダムカラーレッド(1)

黄:ガンダムカラーイエロー(2)

関節・フレーム:ガンダムカラーグレー(24)

エールストライカー本体・Bライフル:ガンダムカラーファントムグレー

スミ入れ・ウォッシング:フラットブラック(エナメルカラー)

ここでもめんどくさがり病が出現!

 なんとフレームはばらさずにしかもサフやベースグレーを塗らずにいきなり本体色を生かしてグラデをつけてしまった。

 だって見えないとこなんかどうでもいいわけだし、下地処理もちゃんとやってないし、要は見栄えすりゃOK!

(よい子はまねしないように)

     ガイコツガンダムに白パーツだけつけてみました。

「やっぱりこわ〜い!」




■ 仕上げ

 全体を組んでみるとエールストライカー本体がファントムグレーだとトーンが明るすぎる感じがしたので、上からミッドナイトブルーを軽く吹いて落ち着かせました。その後フラットブラックでスミ入れをします。それからエールストライカーパックのみ同じくエナメルのフラットブラックでウォッシングして終了。

 デカールなんですが、今回はごちゃごちゃさせたくなかったので一切貼っていません。まあ気が向いたらやるかもせいれませんが。

■ 最後に

 とにかくやっと完成です。PGは関節やフレームの動きがめっちゃすごいです。でも指もあれだけ動くと、飾るときに指先だけでキット全体の表情が変わってしまうので動きすぎるのも考えものかなと思いました。それと関節全体がゆるく、この巨体を支えるのにはちょっと役不足。特にエールストライカーパックを背負わせた日には後ろに倒れないように気をつけながらポーズをつけなくてはなりません。もうちょっと全体的に強度がほしい感じです。そこは置いておいて・・・。

 根気さえあれば、だれが組んでもかっこいいガンダムができあがるんだから今時のプラモはすごい!みなさんもお金と時間と心に余裕があったらぜひPG試してみてください。