レプラカーン

バンダイ 1/72 HGレプラカーン使用

製作・文 : J.J.

☆ ♪オーラロードがひらかーれたぁ〜

   いよいよ待ちに待った「ダンバイン」がテーマになりました。
   大好きなんですよ、ダンバイン。もちろんボトムズとともにオンタイムで見てました。
   しかし、そのころはプラモといえばボトムズばっかりで、オーラバトラーはキットはたく
   さん持ってはいるものの、1体も作ったことはありません。ですからこのレプラカーン
   は、ぼくのオーラバトラー処女作となります。

   ビルバイン、レプラカーン、ライネック、バストール。ぼくのオーラバトラーベスト4です。
   はじめは旧キットのバストールを大改造して・・・と思ってましたが、ガンプがわざわざ
   中国から「バストールは俺がやる」なんてメールしてきたんで、急遽レプラカーンに変
   更しました。



■ レプラカーン

  レプラカーン。ヘンな名前。ビランビー、ボチューンよりましか・・・。
  そんなことはいいんですが、凶悪な顔といい、股間にチン座したキャノン砲といい、かな
  りアクの強い機体です。パイロットのジェリルも含めていい味だしてるんです。

  キットは旧キットとHGがありますが、どちらもデキはトホホな感じです。旧キットのほうは
  ボリューム感がまったくありませんし、HGのほうはボリューム感はあるものの、全体的
  にもったりした感じ。どちらも持ってますが、HGのほうが同じ1/72でもデカいんで、今
  回はHGのほうを作ることにしました。

  それと、模型道のコラムで書きましたが、独自の解釈により、オーラバトラーではお決ま
  りの「生物っぽい」感じにはせずに作ってみたいと思います。



■ 設計図の完成写真

  例によって仮組みの代わりに、完成写真で全体のチェックをしてみます。

  かなりボテッとした印象です。
  この他にも、いろいろサイトをまわっていろんな方の作品や、感想を見ました。
  ぼく自身が気になる点をあげてみると、

  ● 足が短い
  ● 肩から二の腕をつなぐパーツが長すぎて不自然
  ● 間接パーツがイケてない

  もっといろいろ細かい部分はありますが、必須課題はこの3つ。あと、コンバータが重すぎ
  て自立しにくい、との指摘が多いので、これもなんとかしないといけません。

  

  久々にいっぱいいじる部分があるんで、さすがにまったく仮組みしないというワケにはい
  かず、腕、足など部分部分で仮組みはしました。その結果、

  @ 手首、足首を除くすべての間接を自作
  A 脚部の幅を詰めながら、モモ、脛を延長して下半身をスラッとさせる
  B コンバータの軽量化
  C 足首の稼動範囲を広げてより大胆なポージングができるようにする

  以上4点を今回の課題としました。



■  間接部の除去


  自作の間接はどんなモノかは後述するとして、まずは手首、足首の間接部を残し、すべて
  の間接を取り付ける部分(パーツの裏側)をリューターで削り落とします。

  と、こんな感じでアタマも同様に間接パーツをはめる穴をなくします。肩とモモ付け根はフレ
  ーム状の別パーツになってますが、これらはボールジョイントの部分を根元からカットします。

  ヒザの間接部は足首までつながったパーツになってますので、上半分を切断し、足首
  のボールは生かしたままで、ヒザの部分だけなくします。



■ 細くする部分


  次に脚部の細くする部分の準備です。
  キットで太いと感じるのはモモの内側。それと、足首の内側は形状はいいんですが、
  可動のためのクリアランスをかせぐために内側を削っておきたいところです。これらの
  パーツにはポリパテで裏打ちしておきます。

■ 脚部の加工


  ここでモモはいったん接着して長くするため切断してからプラ板を挟みます。
  

こういう長さを変えるためにパーツをカットする場合、本来は継ぎ目の処理がしやすい
1番太い部分を切るんですが、このパーツには外側にモールドがあるんで、このモール
ドの下をカットしました。

スペーサーとして挟むプラ板は、1.2mmのものを3枚重ねて、間接が入るよう穴をあけ
ます。 

分割したパーツに挟み込んで接着した後、充分乾いたのを確認して、ポリパテで隙間を
埋めます。

ポリパテが硬化したら、周りのモールドを壊さないように削っていきます。このときに
内側の気になるふくらみも一緒に削っちゃいます。

ここまでできたら、スジ彫りをします。このパーツのラインは幅があるので、マイナス
の精密ドライバーを砥いでラインにピッタリはまるノミにして、彫ってみました。

これでモモ部分は約3mm延長されました。その3mmにはなんの根拠もなく、例に
よってフィーリングです。

この部分だけ見ても短いのが良くわかります。そして短い上にぼくがイメージする
カタチとは少し違います。レプラカーンの足ってもっと下膨れ型だと思うんですよね。
前後にも左右にも。特に前(裾口近辺)が気になります。甲が出すぎですもんね。
というわけで改造です。

この部分は、切断して延長ではなく、各パーツの下をプラバンとポリパテで延長し
ながら成形していく方法をとりました。

脚部の加工はまだまだ続きます。
いよいよ脛パーツの加工ですが、ここが1番苦労しました。
足が短い短い言ってますが、最大の要因はこの脛の部分です。
次に足首ですが、甲の部分は内側のくるぶし部分を削って分量を減らします。
足首のボールジョイントを受けるポリキャップを取り付けるところがあります。そこを
エポキシパテで4mmくらい底上げし、ポリキャップを90度回転させて取り付けました。
こうすることで足首そのものが延長されるのプラスポリキャップが上下に5mm動く
ようになります。これは足首を曲げるときのクリアランスになります。
これって狙ってやったわけではなく、脚全体を伸ばすのにはどうするか考えていろい
ろいじっていて発見しました。

上の写真の左側はポリパテを盛るためのベースを付けたところです。
オレンジのパーツには1.2mmのプラ板を、赤いパーツには0.3mmのプラ板を
使いました。オレンジのほうはパテを盛った後も付けたままにするので瞬着でしっ
かり接着し、赤のほうはパテ硬化後にはがしますので、点留めで軽く接着してあ
ります。

そしてポリパテを盛り付けます。(写真右)
1日放置して成形作業に入ります。削りだしには平と半丸の棒ヤスリを使いました。

削ってまた盛って削ってと、2回やった
ところ。

元のパーツと比べるとずいぶん延長され
てるのがわかります。

この段階では細かい部分にこだわらない
で、とにかくイメージするカタチになるまで
繰り返します。


このキットでは脛の外側が開閉するように
なってるんですが、合わせ目がピシっとし
ないので接着しました。
1つのパーツとしてみればバランスもよりと
りやすくなります。

で、この状態ではまだまだボリュームが足りないのでさらにパテを盛り付けます。
こんなことを5,6回やったでしょうか。

やっとイメージ通りのカタチになってきました。
ある程度のところまできたら、もっとイメージに近づけるように、スジ彫りを入れます。
このパーツには小型の目立てヤスリとPカッターで彫りました。

ここから仕上げになります。
左右で違う部分を修正し、気泡を埋めます。

ようやく出来上がりました。
サフで埋められる程度のキズや気泡は残っていますが、問題はないでしょう。

これでメインの改造は終了。いやぁ、長かったですね。作業そのものは簡単なん
ですが、時間はかかります。またやるときは(もうやりたくない)覚悟が要りますね。

モモ、脛、足首の3箇所で延長しました。これでスラッとした足長になりました。最
後によく水洗いしてサフを吹き、最終チェックです。キレイにやったつもりでもサフ
を吹くとやっぱりあっちこっちにアラがでてきます。穴や隙間がいくつか見つかった
ので、それらを修正し完了。

■ その他の部分


  このレプラカーン、足さえ何とかしてしまえば後はほとんどいじらなくてもいいくらいの
  完成度です。

いじったところといえば、右の写真の銃口の部分。腕に付くフレイボムの銃口は市
販のパーツに置き換えて穴を開けてあります。

コンバータと口の中、それとほっぺにあるバルカンにも穴を開けました。

このキットに限ったことではないんでしょうが、全体的にモールドが浅く甘いので、
ほとんどのモールドはケガキ針で彫りなおしてあります。
同様に指や牙、爪などもダルダルなので、シャープに削ってあります。
そして左の握り拳は剣を挿す穴が開いているのでエポキシパテで埋めて指のモ
ールドを彫ってあります。

そして最後はコンバータ。

■ 塗装


  すべての工作が終わってようやく塗装です。
  
  まずはサフを吹くんですが、今回はプレーンな面と梨地面を作りました。オレンジの部
  分はプレーンに1000番のサフを吹きます。赤い部分は500番のサフをかなり離して
  吹きデコボコが残るようにしてあります。
  牙と爪はホワイトサフを吹きます。

  塗装はSGKで行いました。まず、エッジとモールド部分にベースグレーを吹き、その後
  色を乗せていきます。
  説明書の完成写真を見ると、なんか石鹸みたいになってますので、カラーはオリジナ
  ルにしました。オレンジの部分はMr.カラーのオレンジにフラットベースを少量。赤い
  部分はレッドにハルレッド、ブラック、フラットベースを混ぜて作ってみました。トップコー
  トで艶を消すのになぜここで各色にフラットベースを混ぜるのか?それは艶を少し抑え
  たほうがグラデーションの出具合が見やすくなるためです。これはぼくだけが感じるこ
  とかもしれませんが、光沢カラーを吹くよりはずっとわかりやすいような気がします。

  オーラバトラー独特のフォルムを強調するため、グラデーションは少し強めにしてみまし
  た。

  牙、爪は、根元のほうにブラウンを吹き、そのさらに根元にベースグレーを吹いて、
  1段グラデーションを作った後、ホワイトにセールカラーを加えた象牙色を乗せました。

  最後に牙、爪以外の部分に艶消しのトップコートを、牙、爪部分は半光沢のトップコー
  トを吹き、エナメルのフラットブラックでスミ入れをして完了です。

  嗚呼・・・。1番好きな塗装が終わりいよいよ制作もクライマックス。最後に大仕事が残
  ってます。



■ 関節

  今回、脚部の大幅な改造ともう1つ、メインとなる改造、それがこの関節部の自作です。
  設定資料を見る限りでは、オーラバトラーの関節には無数のコードが詰まったようなカ
  ンジに描かれています。実際、HGのキットの関節はそういうモールドが入ったパーツ
  になっています。それら関節パーツを本物のコードで作ってみようというわけです。名づ
  けて「フレキシブル関節」!
  例によって頭の中ではかなりいいカンジになってるんですが、どうなることやら・・・・。

コンバータ本体のフィンを取り付けるダボをリューターで削り落として、フィンのパーツ
は写真のようにカット。ボールジョイントが付いてるほうだけ活かしてます。そしてフィン
は0.2mmのプラバンで自作(1枚増やしました)。これで見栄えがしますし少しだけで
すが軽くなります。


作った印象だと足の事ばっかり思い浮かびますが、こうして記事を書いてると、ほ
とんど全身何かしらいじってたんですねぇ。

使った材料です。一番下のヤツはスジ状のモールドが入ったゴムチューブで、右上の
3つ丸まってるのが10芯コードと呼ばれるリード線です。そしてグリーンのヤツがアル
ミ線です。

まず、芯となるチューブを適度な長さに切って、その回りに同じ長さに切ったリード線を
くっつけて各パーツの穴にはまる太さにしていきます。と、言うのは簡単なんですが、
つなぐ穴同士は大きさが違うので、短く切ったリード線を付けたりテープを巻いたりして
調整します。これがまた手間がかかります。

肘関節のテストショット。
肘の関節は1番小さい関節なのでまずはこ
こから作ってみました。

ゆるいと止まらないんでピッタリはまるように
何度も調整します。

関節がきちっと止まるようになったらチューブ
にアルミ線を通します。
そのままだと曲がりませんが、アルミ線を通
すことで関節を曲げたカタチにできるわけで
す。

こんな要領で肘、肩、股、ヒザの各関節を作っていきます。
首の関節はコードで自作はムリと判断し、キットのゴムパーツにしましたが、なんか
色が薄いので、エナメルのフラットブラックで塗装して付けました。頭の中の関節受
けはリューターで削っちゃってますから、胴体から出てるパイプ状のパーツにボール
ジョイントを差し込んで、エポキシパテを詰めた頭に突き刺しました。(こういうのを2
度手間ってゆーんですよね・・・)

これが全身のテストショット。関節部はちょっとしか見えませんがなかなかリアルに
仕上がりました。

しかし、ここで大問題が・・・。
関節はきちっとはまったつもりでいても、いざ立たせてみると重みですぐ動いてしま
います。上の写真でも関節部はかなりゆるく、後ろに寄りかかってる状態でも3分
立ってるのがやっとです。もちろん持ち上げることなどもできません。

最大のネックは股とヒザ。ここをなんとかしないとポーズどころか自立もできません。
ここから改善していきます。

キツくするのは簡単で、できている関節に細いリード線を1本ずつ差し込んでいけば
いいんです。各関節の端の部分はコードがバラけていますから、細〜く切ったセロ
テープを巻いて束ねます。

■ 完成

関節の補修が終わり完成です。なんとか自立はするようになったものの、各関節は
少し不安定です。ポーズをとらせるには曲がった状態の関節を作ったほうがいいかも
しれません。(フレキシブルじゃないじゃん!)
はっきり言ってこの関節は失敗でした。今にして思えば、後ハメ式の関節パーツを細
くて強度のある素材で自作してその回りにコードを這わせるようにすればよかったと
反省してます。コレは次回の(あるのか?)課題として残すこととして、今回はこれで
完成とします。

いやぁ、長い道のりでした。途中仕事が忙しくなって
1ヶ月近く手を付けられなかった期間はあったにしても、まるまる4ヶ月かかりやっと
完成しました。

やはり時間がかかったのは脚部の造形です。盛って削ってが永遠に続くかと思うほ
どイメージに現物近づけるのは難しく、実力以上のデキを望めばその見返りに手間
暇のかかる作業を要求されるのを痛感しました。それでも何とか完成までこぎつけ、
改めて見てみると、時間がかかった分ほぼイメージ通りに仕上がりました。


さて、次なんですが、コイツに時間を使いすぎて、参戦を予定していたオラタコ選手権
は見送るハメになっちゃいました。ネタも用意して楽しみにしてたんですけど・・・。
まぁATはぼくのライフワークでもあるので、次回ということにして、次は地元のモデラー
クラブのコンペに参加する1/144HGジン・ハイマニューバを組む予定です。こちらも
締め切りが2月いっぱいなので、急ピッチの作業になりそうです。

RRMのほうは、2月から制作テーマがエルガイムになってますので、こちらも進行さ
せないといけません。当初は1/100のオージェと思ってたんですが、1/144のア
シュラ、バッシュ、mkUも気になってるんで、しばらく迷います。(この時間がシアワセ
だったりする)


というわけで、またまた長くなっちゃいましたが、ここまで見てくださったみなさん、ホン
トにありがとうございました。今年はガンガン作りますよ!ではまた!



                                         February.2006

制作・文 : J.J.