AUG [オージ]

製作・文 レオン

■ なんにする?

今回のテーマはエルガイムということで、永野氏のデザインが大好きな私にとっては、うれしいテーマです。
そこで何を作ろうかと考えてみましたが、旧キットはラインナップは豊富なのですが、いじり出すと止まらなくなりそうなのでHGシリーズで行くことをまず決定。
そうすると選択肢はそんなに多くはなく、手元にあったAUGとアトール(もちろんマクトミンビルドで)の2本立てで行こうと思いました。

■ 金色のヘビーメタルぢゃ!

まず今回はAUGの製作ということでやはり金色をどう表現するかが一番の課題になりそうです。
みなさんは金色をどのように塗装します?わたくし的にはAUGはやっぱりピカピカがいいなあと思うんです。
できればメッキみたいな。
でもキットは黄色で成型されています。
なんとかごーじゃすな仕上がりにしたいなあと思ってとりあえず仮組み開始です。



■ 仮組み

  とりあえず仮組み開始。
  パーツの合わせに微妙なずれがあります。
  また、ひけがけっこう大きいです。
  しかし、さすがに最近のキットなのでプロポーションほうはまずまずです。
  関節の可動範囲は決して広いとはいえませんが、あまり大胆なポージングはさせず、スッとした立ち姿で仕上げたいので、
  関節も特にいじらず、無改造でストレートに仕上げることにしました。

■ 塗装

  <金色の表現>
   金色の表現をするためには様々な方法があります。
 (例)
   ○ そのまま金色を塗る
   ○ 銀色の上にクリアーイエローを塗る  など

 わたくしのAUGのイメージはやっぱ、きんきらきんに光っているゴージャスな感じなので、そのまま金色を塗るのはおもしろくありません。
今回は、シルバーの上にクリアーを塗る方向で考えることにします。

 さて、その下地の銀色ですが、これもまたいろんな種類があるんですね〜。
やはり、イメージからいくとメッキ風がいいなあと思うのですが、普通の塗料ではなかなか表現しにくいようです。

 そこで、何種類か試してみることに。

○まずは、ふつうのシルバー → あまりにも普通
○クレオスの「Mr.メタリック」これは、塗料が乾燥した後に磨くと光沢がでるというもの。 → 悪くはないのですが、水性カラーでしかコーティングができないので×
○「こすって銀SUN」これは、つやあり黒の上に、なぞの黒い粉をつけて磨くとメッキ風に仕上がるというもの。 → すげーピカピカ
 こすって銀SUN・・・なんて怪しく、短絡的なネーミング。しかしその効果はなかなかすごいものがあるので使ってみることに。
 しかし、問題発生。いろいろ調べてみると、
○水や手の油に弱い
○コーティングすると色がくすむ などの事実が判明。
 プラ板で試してみたのですが、表面処理をきちんとやらなかったので、よくわからないという結果。
エナメル塗料ならコーティングできるといううわさも・・・。

 どうにもこのピカピカ具合が気に入ってしまったので、強行!

@ 表面処理
 メタリック塗装は、下地処理がもろに響くということなので、珍しくペーパーがけなどをやってみました。
600→1000とかけてサフはクレオスの1000番(グレー)

A 黒塗り
 クレオスのスーパーブラック(どこがスーパーなのかわからん)を吹きます。



B こすって銀SUN
 さっそく試してみることに。
 有害ではありませんが、手袋とマスクを着用して・・・ってちゃんとマスクも手袋も入ってるし。
脱脂綿以外でこすっても光沢は出ませんみたいなことも書いてあるし。あやしげ〜
 とりあえず同梱の3点セットを使い、謎の黒い粉を脱脂綿につけ磨いてみました。



こんな感じ。けっこういいでしょ!?
この調子で全部のパーツを磨いてみました。





悪くないでしょ?っていうかこのままでもいいか?なんて思ってしまうぐらいです。

C クリアー塗装
 この下地に金色部分にはクリアーイエロー+クリアーオレンジ(少量)でコートします。
 また、シルバー部分については、そのままだと手の油などで劣化することが考えられるのでクリアーでコートします。

 しか〜し、ここで問題!
  こすって銀SUNはクリアコートをすると色が黒ずむという話・・・
 いろいろ調べてみると水性はオッケーとか、エナメルを少しずつならオッケーなどいろんな 情報があります。
 しかし、水性もエナメルもその後のスミ入れなどが難しくなりそうなので、ラッカーで強行!!(そればっかじゃん・・・)
  結果はといいますと・・・やっぱり黒ずんでしまった〜
 写真では、照明を当てているので結構明るく写っていますが、実物はかなりトーンが暗い です。

D その他の着色
 ○胸の赤い部分・・・「こすって銀SUN」の上からクリアーレッドでコート
 ○関節や手など・・・下地の黒に微妙についた「こすって銀SUN」のままクリアー
 ○腹・・・・・・・・・・・・スーパーブラック
 ○額の緑・・・・・・・・下地の黒の上にグリーンパール、その上にクリアーブルー

E 仕上げ
 ○ 金色部分にクリアーオレンジでシャドウ
 ○ スーパークリアーを2〜3回コート
 ○ コンパウンドでつや出し
 ○ エナメル黒でスミ入れ

■ 金色どうなの?
金色のヘビーメタルやってみましたが、やっぱり金色の表現って難しいなぁというのが実感です。
さいしょはぴかぴかでうかれてやってましたが、クリアーコートしたあと薄黒くなってしまったAUGはなんとなくショボかったのでいまいち。
雑誌の作例などを見ると、通常のシルバーの上からのコーティングや、金色を直接吹いても丁寧に仕上げればかなり素敵なので今度はそっちもやってみようかなと思ったりして。
ただ、今回使った「こすって銀SUN」の光具合はかなりGOOD!なのでなかなか使えると思いました。
前回のオーラバトラーとはまたちがった塗装で、やっぱりヘビーメタルはつやつやぴかぴかが似合うような気がします。